新しい居場所をつくる旅、
はじめよう。

いつも行ったことがない場所へ出かける旅もいいけれど、
毎年同じところへ通って、その土地や人と近づいてゆく旅もいいですね。
例えば、地図を見なくても町歩きできるようになったり、定期的に通う店ができたり。
時を重ねることで、だんだんと自分の居場所になってゆく…。
そんな旅を、ブリッサは提案します。

海が見える、家のような場所

宮古島は隆起珊瑚、いわゆるサンゴ礁でできている島。その海は日本でも指折りの美しさです。
ホテルは目の前に海が広がる、格好のロケーション。
リゾートの賑わいから少し距離をおいた場所にあり、まるでここが自分の家のよう。
喧騒とは無縁の時間が流れています。何泊かするうちに、「ここに住みたい!」なんて思ってしまうかもしれませんね。

遊ぶことが
宮古島の魅力を知る近道!?

ブリッサなら、リゾート内でいろいろなレジャーを堪能できます。
海の美しさを知るなら近くのシギラビーチへ。ホテルからの送迎サービスもあります。
シギラビーチでは、カヤック、シュノーケル、体験ダイビングを1年中楽しめます。気軽にツアーにご参加ください。
海水浴シーズンは4月~10月末まで。9月、10月もまだまだ夏!陽射しがやわらかなマイルドサマーですね。
一番寒い1月でも最高気温は20℃ぐらいあり、冬は暖かく、避寒リゾートとなります。ゴルフは10月~3月がベストシーズンです。
遊んだ後は、リゾート内のシギラ黄金温泉で極楽気分を。
とろりとした黄金色の天然温泉で、疲労回復と美肌の湯なんですよ。

宮古島の食材と沖縄料理で健康に

医食同源の思想に基づいた沖縄料理。身体にいいものをバランスよく採りいれる知恵がいっぱい。
宮古島にはモズク、海ぶどう、島野菜、島豆腐、宮古ゼンマイ、宮古牛などなど食材が豊富で、南国フルーツも採れたて。
リゾート内のおそば屋さん「彩海」では、宮古島産そば粉を使って打った日本蕎麦をご提供。沖縄らしい肴でお酒も楽しめます。
シギラリゾートにはいろいろなレストランがありますので、長く滞在しても何度訪れても食の楽しみは尽きませんね。

2015年4月リニューアル!
より快適なすごし方を

全室Wi-Fi対応。すべての客室にキッチン、洗濯機があります。
滞在中の健康習慣をサポートできるよう、ヨガマット、万歩計、ジュースプレッソのレンタルをご用意しました。
朝ヨガで1日を始めたり、ホテルから程近い海沿いの遊歩道をウォーキングしたり。
地元で買ったフルーツや野菜で栄養たっぷりのフレッシュジュースを作ったり。暮らすような旅をしていただけます。
【客室キッチン設備】冷蔵庫、レンジ、湯沸かしポット、食器類、ナイフ、フォーク、スプーン、フライパン、鍋、調理器具
無料レンタル:掃除機、アイロン、ベビーコット、ベッドガード、ヨガマット、歩数計
有料レンタル(1泊¥500):炊飯器、ジュースプレッソ、トゥルースリーパー

宮古島季節カレンダー

  • 3~5月 ひと足早い夏

    本州ではまだ肌寒い日もあるこの時期、宮古島では春休み頃には海びらきとなります。半袖で気持ちいい日も多く、ひと足早く夏を体感できます。絶景で知られる東平安名崎(ひがしへんなさき)は、4月~5月にかけてテッポウユリが岬一面に咲き誇ります。250種を超える植栽に囲まれたシギラリゾートも、たくさんの花々が咲く時期です。

  • 6~8月 海と空の色があざやか

    この時期の宮古島は青色が違います!例年6月下旬に梅雨明けし、本格的な夏がやってきます。6月中旬~7月中旬はマンゴーの旬。もぎたてフレッシュなマンゴーは1度食べたら忘れられませんね。

  • 9~11月 まだまだ夏の陽気

    9月も10月も夏盛り。最高気温は30度ぐらいあり、陽射しが少しやわらいだ”マイルドサマー”。10月いっぱいまで海水浴ができます。夏休みほど混んでいなくて、旅費が安め。秋こそ大人旅の狙い目ですよ。11月になると、ゴルフのシーズンイン。過ごしやすい気候です。

  • 12~2月 日本一暖かい冬

    暖かい冬の宮古島では観光もレジャーも思いのまま。花粉がないため、花粉症対策で長期滞在される方も多いです。海は夏よりもプランクトンの数が少ないため、1年で1番透明度が高く、シュノーケルやダイビングにおすすめの時期。ゴルフはベストシーズンです。1月には緋寒桜やコスモスが咲きはじめ、春の訪れを感じます。島野菜、車エビが旬です。